2013年度の活動②じょんのび米プロジェクト

集落内の耕作放棄田をお借りし、学生の手で米を生産・販売するプロジェクトです。

2013年度の活動経過

松代は日本屈指のブランド米「魚沼産コシヒカリ」を生産する地域として知られています。しかし松代は平野部ではなく中山間地域に存在するため、耕作機械が入ることが出来るような広い田んぼを確保できない環境にあります。そのため古くから住民は山を切り開いた「棚田」と呼ばれる狭い面積の棚田で、膝まで泥に浸かりながらほぼ手作業で良質のお米を生産してきました。そこで、私達がお世話になっている集落の方たちの基幹産業である棚田での耕作を実際に学生が一から十まで体験させて頂くことで、少しでも地域を理解しようとじょんのび米プロジェクトは行われました。集落の方の指導の下、田植え・草取り・肥料まき・稲刈り・田かきなどを教わり、私たちが普段口にしているお米の一粒一粒の貴重さを学ぶことが出来ました。ですが、世代交代に伴い活動が多様化したため、2013年度をもって住民・学生双方に負担の多かった本プロジェクトを「棚田保全プロジェクト」に発展解消致しました。



Copyright (C) 2010- まつだい早稲田じょんのびクラブ All Rights Reserved.
inserted by FC2 system